俺サイクル

自転車を中心にあらゆる情報(自宅DIY・旅行記・釣り・雑記等)を発信しています。

【自転車部屋に有孔ボードを取り付けました】自転車部屋大改造計画~DIYで秘密基地を作ろう~

f:id:Akiocchi:20191011221156j:plain

今回は自転車部屋を改造していきますよ

ご好評を頂いてる、【私の自転車部屋大改造計画】の第8回目になります。

前回はここまでお伝えしました。

 

www.orecycle.net

 今回は横の壁をDIYした様子をお伝えします。

本記事の内容

 DIY前の状態

f:id:Akiocchi:20191104201359j:plain

DIY前の様子

DIY前の状態は、壁に直にピンを付けてヘルメットや工具を付けていますが、なんかごちゃごちゃしてるんですよね。

なんか壁紙のグレーと合っていないというか。

秘密基地感がないんですよね。ワクワクしないんです。

そこでDIYを計画しました。

設計図はこちら

f:id:Akiocchi:20191011220914j:plain

これが設計図

☝が私が書いた設計図です(汚くてすみません)。

だいたいこのようなイメージでDIYを進めています。

今回は左側の窓の下の壁を改造していきますよ。

ホームセンターへ買い出しに行く

f:id:Akiocchi:20191104201835j:plain

有孔ボードを購入しました

近所のホームセンターへ有孔ボード(パンチングボード)を買いに行きました。

有孔ボードって結構高いんですよ。驚きです。

サイズもいろいろあります。

私は一番大きなサイズの600×900×3mm(1980円)を購入しました。

 このサイズで白色黒色だと1000円アップの2980円でした。

本来ならこの大きさでもう一枚欲しい所なんですが、予算の関係上今回はこの一枚だけ購入します。トホホ。私、お小遣い制ですが何か?

あわせて、有孔ボードに取り付ける専用のフックも数種類購入しました。

f:id:Akiocchi:20191104201905j:plain

購入した品々

有孔ボード取り付け作業開始

f:id:Akiocchi:20191104201945j:plain

取り付け位置に印を

 自宅に帰って早速取り付け作業を開始します。

有孔ボードを取り付けるのには、専用の取り付け用具が必要です。

専用の取り付けフックを壁に取り付ける

f:id:Akiocchi:20191104202335j:plain

これがないと石膏ボードには付きません

有孔ボードの穴を有効に活用しようとすれば、取り付ける壁と有孔ボードの間に少し隙間がないとだめなんです。

専用のフックを使用するときは、フックを穴に差し込んでボードの裏側に引っ掛ける形でボードに固定するので、隙間がいるんです。

専用のフックがあれば、壁と有功ボードの間に隙間を作ってくれます。

 

私、『壁に直付けしたらいいか』と安易に考えていましたが、こういう取り付けの部品がいるなんて知りませんでした。

ホームセンターでこの専用フックの事を知ったのですが、こういう新たな発見が出来るのもホームセンターの魅力ですね。

f:id:Akiocchi:20191104202032j:plain

取り付け位置にシールを張って目立つようにします

 専用フックの中心の穴に、先程ペンで付けた印を合わせるのですが、中心の穴が暗すぎて奥の印が見えなかったので、私は取り付け位置に白色のシールを貼りました。

これで中心の穴の奥の印が確認出来るようになりました。

 

 留め具の中心をシールの位置に合わせ、細い釘で壁に取り付けていきます。

釘は4か所、壁は石膏ボードなのですぐに入ります。

私はペンチで叩いて打ち込みました。

f:id:Akiocchi:20191104202459j:plain

細い釘を打ち込みます

 

f:id:Akiocchi:20191104202118j:plain

石膏ボード用の台座を付けます

口元がおかしいですが、変顔をしているわけではありません。

まるでシャクレてますが普通の横顔ではありません。

釘を銜(くわ)えています。

口に釘を銜えて気分は大工さんデス。

f:id:Akiocchi:20191104202609j:plain

4か所台座完了

 台座を4か所取り付けたらいよいよ有孔ボードを取り付けます。

DIY作業の中でこういう瞬間が溜まりません。

ワクワクします。

有功ボードを取り付ける

f:id:Akiocchi:20191104202750j:plain

有孔ボードを取り付けていきます

 

f:id:Akiocchi:20191104202830j:plain

ネジで止めていきます

台座にネジで取り付けていきます。結構しっかり固定できますよ。

これは簡単な作業。誰でもできます。

ネジを止めるとネジの目隠しカバーを取り付けます。

有孔ボードにフックを取り付けて完成

f:id:Akiocchi:20191105000636j:plain
f:id:Akiocchi:20191105000650j:plain
工具吊り下げ用とヘルメット吊り下げ用です

今回は工具の取り付け用とヘルメットの吊り下げ用を購入しました。

左の5連のフックが480円、右のヘルメット用のフックが1本100円です。

f:id:Akiocchi:20191105000707j:plain
f:id:Akiocchi:20191105000724j:plain
フックの付け方

フックをボードの穴に金具を通した後、フックに付いている二股の金具で下の穴に通し、フックをガッチリと固定します。

これでブラつかなくなります。

よく考えられていますね。

f:id:Akiocchi:20191104203019j:plain

出来ましたーどうですか?

有孔ボードにヘルメット、工具類をぶら下げてみました。

また買いますが、フックが足りないところは応急処置で割りばしを代用しました。

まとめ

f:id:Akiocchi:20191104203059j:plain

なかなかいい感じです。

どうですか?

結構良い感じだと思いませんか?

設計図では、有功ボードの下にヘルメットを置くテーブルを作ることになっていますが、ヘルメットが有功ボードに収まったので、これはこれで良いのかなと思ったりもします。

結構設計図に近づいたと思っています。

壁の雰囲気ってホント大事ですよね。

がらりと印象が変わります。

 

部屋の大改造は、まだまだ終わるつもりはありません。

カスタム大好きの私は【一度やると決めれば極めるまでやる】 という性格ですから、自転車部屋もこれからどんどん秘密基地化していきますので、カスタムするたびにブログにてご報告させていただきます。