俺サイクル

自転車を中心にあらゆる情報(自宅DIY・旅行記・釣り・雑記等)を発信しています。

【琵琶湖一周サイクリング ビワイチ】中年兄弟でビワイチ達成【実走編】②

みなさんお元気ですか?あきおっちです。

40代50代になって疎遠になっていく兄弟関係に待ったをかけるべく、

私あきおっちが企画した【中年兄弟でビワイチ】

兄弟の絆は深まるのか?

 

前回はスタートから第1休憩ポイントまでお送りさせていただきました。

 

www.orecycle.net

 今回はどんなドラマが待っているのでしょうか?

本記事の内容

 

ずぶ濡れのまま第1休憩ポイント出発

 

頭の上から靴の中まで全身ずぶ濡れになってすっかり戦意喪失した、

中年オヤジ3兄弟(だんご3兄弟みたいですね)。

 

休憩中、3人とも『めっちゃ寒いなー』と合言葉のように言いあった後、無言になりビミョーな空気になりましたが、この雨の中引き返すわけにもいかず、出発します。

 

相変わらず雨は降っていましたが、時間が経つにつれだんだんと雨足が弱まっていき、9時を過ぎたくらいには雨が止んでいました。

 

しかし、この日の気温はなんと9℃(その前の週は20℃ありました)。

一度奪われた体温はなかなか上がりません。

 

特に私はダンプカーから水たまりの雨水を頭からぶっかけられていたので、3兄弟の中でも一番冷え冷えです。

 

こんな時は『ガー』っとペダルをこいで体温を上げればいいのかもしれませんが、兄二人は、40代、50代で本日までほぼ運動をしないまま、いきなりビワイチに参加してますので、無理は禁物です。

まさにポタリングレベル

 

無理してリタイアなんてなってしまっても引き返せません。自転車ですしね。

そんなこんなで約30キロ走行して

11時過ぎに第2休憩ポイントに到着しました。

大津市木戸で2回目の休憩

f:id:Akiocchi:20190619003157j:plain

第二休憩ポイント 大津市木戸

ここまでくると、天気も時折晴れ間が覗く感じになりました。

私、この木戸周辺の琵琶湖沿いの道が大好きなんです。

 

このあたり、別荘地なのかおしゃれな家が琵琶湖畔に建っていて、めっちゃ雰囲気いいんですよね。

f:id:Akiocchi:20190619004048j:plain

向こうに見えるのが琵琶湖

さらにもう一枚

f:id:Akiocchi:20190619004152j:plain

手前のクロスバイクは次兄に貸しました。

トイレも済ませ、第2休憩ポイント出発です。

琵琶湖畔を抜け、約10キロ走行したところで昼食休憩を取ります。

昼食は堅田の天下一品

 

f:id:Akiocchi:20190619005007j:plain

左が次兄、右が長兄です。

堅田は琵琶湖大橋北側の麓の街です。

 

この辺りは食べ物屋さんも多く、豊富にお店を選択することが出来ます。

 

私の経験上、ここを抜け琵琶湖南側に行くと、サイクリングロード沿いで食事をとるところは皆無といっても過言ではないので、ここで昼食を取らなければ【コンビニ飯】確定です。

 

せっかくビワイチに来たんですから、美味しいもの食べたいですよね。

 

そして、昼食は関西の中年オヤジならみんな大好物の

 

天下一品。

f:id:Akiocchi:20190619005047j:plain

そしてこれが私あきおっちです。

このこってりパワーで

私たち兄弟はパワーを取り戻し、全開MAXとなり残りのビワイチを走ることになりそうです。

 次回は【琵琶湖大橋~1日目ゴール彦根】までをお伝えさせていただきます。

 

www.orecycle.net

 

本日も最後までお付き合いいただきありがとうございました。